爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

呆れて、泣きたくなる。

 

 「モリカケ問題」と、全く同じ。

 言った、言わないの問題ではない。

 問題のメールは、「共有する」という理由で、30人を超える役人に送信されているという。

 我が故郷の、名門家の五男坊。副大臣辞職だけでは済まない。議員辞職しろ!。

headlines.yahoo.co.jp

 記事中にあるメール文を引用させて頂いた。

 言った、言わないの吉田参議院議連会長。

 どこかで聞いたことのあるセリフを言ってことになっている。

 『総理、副総理と言うと国交省もやりにくいだろう。』

 この方の「首」も飛びそうな気配だ。

各位
本日12/20の吉田博美議員、大家敏志議員による塚田副大臣への要望対応結果(下関北九州道路)について共有します。

日時:平成30年12月20日(木)13:30~13:45
相手方(◎):吉田博美議員(参/自/長野)
   (□):大家敏志議員(参/自/福岡)
当 方(●):塚田副大臣(立会:(■)池田局長、村山企画課長)
◎:参議院議連の会長をさせて頂いている。
  総理、副総理の地元とは関係なく、中国・九州の経済や後世のため、オールジャパンで必要な道路。
 大会のあいさつでも、総理・副総理のことには言及しなかった。
◎:無駄な公共事業と言われているうちに公共事業が無駄と思われるようになったが、必要なものは必要。
◎:はやく国で引き取って、施工に向けて進めて欲しい。
●:地元の調査結果をしっかり受け止め、前向きに検討していきたい。
―――マスコミ退席―――
■:必要性ははっきりしている道路。
◎:総理、副総理と言うと国交省もやりにくいだろう。
  与党、公明党、野党で協力して進めていく。
●:財務大臣にも要望して頂き感謝。
◎:今後のことはいつぐらいに対外的に言えるようになるのか。
■:年度末になる。
道路局企画課道路経済調査室

 

 

 「失言大臣」も然り。もう、何回目かなぁ~。

www.msn.com

 「呆れる」を通り越して「泣きたくなる」。

 この程度の人間が、「先生」と煽てられて、国会内を歩き回っていると思うと・・・。

 

 これまでの総理大臣の中で「最低」と思っていた「安倍」が偉く見えてくる。と言うか、こんな方が大臣になれるなんて、人材不足も甚だしい。

 自民党も「劣化」しているようだ。

 

 「元号」とか「紙幣」とかで、国民の「気」を横道に逸らそうと必死だが、これは、横道には逸らせない。

 ご苦労が、一度に吹っ飛んでしまいました。「水の泡」とも言いますが・・・。

 

 今度は、何でいきますか? 衆参同時選挙かな? 増税延期かな? 国民が一番望んでいるのは、「しっかりとした議論の無いままの憲法改正」を諦める事かも。

 

 

  今日は、「写真」はありません。

 

 

  「ケーシー高峰さん」が亡くなりましたね。残念。

 あの、「黒板」使って、「お色気」を交えての「医事漫談」。大好きでした。

 ご冥福をお祈りします。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。