爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「交付金」。

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をご覧頂き有難うございます。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

  元ネタは「朝日新聞」本日(6/23)朝刊」に載っています。WEBでは有料記事のようで全文は読めません。読めるのは、下に引用した部分だけです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 防衛省が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備先を対象に、新たな交付金を検討していることがわかった。配備候補地の自治体に受け入れを促す狙いがある。ただ、交付金と引き換えに配備を迫っていると取られかねないとして、政府内でも慎重意見が出ている。
 複数の政府関係者が明らかにした。防衛省によると、自衛隊の特定の装備品や部隊の配備・導入を受け入れた自治体を対象にした交付金の例はないという。
 イージス・アショアをめぐっては、配備候補地の陸上自衛隊新屋(あらや)演習場(秋田県)とむつみ演習場(山口県)の周辺住民の間に安全性への懸念が根強く、自治体も受け入れに慎重な姿勢を崩していない。……

 (赤字は筆者が配色しました。)

 

 「札束」で顔を引っ叩いてでも配備を進める国のやり方。昔から随所に見られる光景だ。

 「原発」は、このような交付金に加えて、発電量に応じた交付金まである。然るに、停止されていては「お金」が舞い降りて来ない。地元自治体の財政は、これに頼り切っているので、赤字財政に陥る。

 「安全性」より「交付金」の方が大事! 「再稼働大賛成」にまわる。

 これ全て「電気料金」や「税金」で賄われる。

 当該自治体にも言い分はある。「危ないものを引き受けたんだから、それ相応の金はよこせ!・・・」と。

 立地自治体の皆様方には申し訳ない事を書くが、誰が使うかよくわからない立派な建物が林立しているのも、これまた事実。

 (わが故郷のお話、他地域の事は知りません。)

 

 何処かが「歪んで」います。この国。

 

 

 

 曇り空の下、少しだけ散歩。

 

f:id:tomy2292:20190623220238j:plain

f:id:tomy2292:20190623220307j:plain

f:id:tomy2292:20190623220330j:plain

 

 夏の花、もう咲き始めました。

 

f:id:tomy2292:20190623220407j:plain

 

 撮影地:横浜市泉区(2019/06/23)by PENTAX K20D

 



 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。