爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「省庁」の壁を越えて。

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をご覧頂き有難うございます。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

  「年金だけでは不十分」、経産省でも「試算」。

www.asahi.com

 記事の全文です。 

経済産業省が4月に、老後に必要な蓄えを「2895万円」とする独自の試算を審議会に示していたことがわかった。老後の資金をめぐっては、金融庁の審議会がまとめた「約2千万円が必要」とする報告書の受け取りを麻生太郎金融相が拒否した。「政策スタンスと異なる」とする政府の説明とは裏腹に、年金だけでは不十分な人ログイン前の続きが多いという課題が、関係省庁で広く認識されていたことになる。

 試算は、4月15日に開かれた産業構造審議会の「2050経済社会構造部会」で、事務局の経産省が示した。2018年に65歳を迎えた夫婦が95歳まで30年間暮らす想定で試算すると、生活費が1億763万円かかるが、公的年金収入は7868万円にとどまり、2895万円の不足が生じる、という内容だ。

 将来の日本社会の姿を見据え、老後に必要な資産形成を促す議論の参考として示したものだが、部会が5月にまとめた提言には盛り込まれなかった。

 老後に必要な蓄えについては、今月、金融審議会の作業部会が「約2千万円」とする報告書を公表した。だが、年金で暮らす無職の夫妻世帯について「毎月の赤字額は約5万円」と記したことなどに対し、批判が殺到。麻生金融相は正式な報告書として受け取らない考えを表明した。

 これとは別に、金融庁は作業部会に必要額を最大3千万円とする試算を示していたことも判明している。

 騒動のきっかけとなった「2千万円」の報告書について、政府は18日に「世間に著しい誤解や不安を与え、政府の政策スタンスとも異なる」とする答弁書閣議決定した。しかし、経産省の独自試算も明らかになり、この説明はほころびが出ている。幕引きをはかる政府の姿勢がさらに問われそうだ。

  「省庁」の壁を越えて、同様の認識であることが分かります。

 

 なんだかんだと「無理な言い訳」を付けて現実と向き合わない「安倍政権」&「自民党」(公明党他の与党勢力はどうでも良い・・・)。

 

 それでも、あなたは、「安倍」支持しますか?

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。