爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「墓穴を掘る」かも?

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をご覧頂き有難うございます。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 ようやく、出そろいました。

 「喧嘩両成敗」とでも言いましょうか。

 「ゴーンさん」が、疑惑を持たれている件で、直近数年間は、この人が、日産の「最高経営責任者」でした。(今もそうですが・・・。)

 言い換えれば、「決算報告書」にサインする人だった訳で、この数年間については、「ゴーンさん」のサインは無し。

 

 今回の告発は、「喧嘩両成敗」とは直接関係ないのだが、「株価連動報酬」の受け取りを、株価の動きを見ながら、いったん決めた受取日を、株価の上昇を見ながら調整したというもの。

 

告発状によりますと、西川社長は6年前の平成25年5月に報酬を受け取る権利の行使日をいったん確定させましたが、日産の株価が値上がりを続けていたため、株価が10%値上がりした1週間後に行使日をずらしたとしています。

 

www3.nhk.or.jp

 

日産の西川社長をめぐっては、日産の株価に連動した報酬を受け取る権利の行使日を株価の値上がり後に変更し、当初より4700万円多く利益を得たとするグレッグ・ケリー前代表取締役のインタビュー記事が、先月、月刊誌に掲載されました。

 

 会社として知らない・・・と言うのなら、「西川さん」が勝手に何かやっても分からない・・・ということ。

 その程度の会社か?「日産」は?

 

日産自動車の広報部は「弊社では事実関係を承知しておらず、コメントいたしかねる」としています。

 

 「ゴーンさん」や「ケリーさん」が何をしたかは、今後の裁判で明らかにされるでしょうが、それも含んで、「日産」の最高経営責任者であった「この人」だけ「司法取引」で逃げ、「関係ない・・・」「問題ない・・・」では済まされない。

 

 さあ、どう展開するか、楽しみになって来ました。

 

 検察の判断も、難しいものとなってくるだろう。対応を間違うと、「ゴーンさん」「ケリーさん」に有利な展開になる事は間違いない。

 

 偉そうに立ち振る舞っているが、結局のところ、「金の亡者」だったという訳か・・・。

 

 誰か言ってたな、「金持ちは幸せになれない・・・」とか。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。