爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

原因が分かりました。

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をご覧頂き有難うございます。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 「Windows 10  Version 1903」へのアップデートが上手くいかなかったことの続編。

 

 問題の起きたPCは、ヒューレットパッカード製の「HP Compaq 8000 Elite SFF」デスクトップPCなのですが、上手くアップデートが出来なくて、試行錯誤を繰り返している時に、頭をよぎっていたのが「アンチウイルスソフト」が関係している(インストールの邪魔をしているのでは・・・)ということだった。

 

 「Windows8」がバージョンアップされて「Windows10」に代わってから、何回かの「大規模アップデート」を乗り越えてきたのに、今回の結果は、現役のころ「情報システム部」の責任者であった爺さんには納得し難いものだった。

 とうとう、爺さんも「錆び付いてきたか?」と思ってもいた。

 

 いずれにしても、何か上手くいかないと「気持ちが悪い」もので、「アンチウイルスソフト」をアンインストールして、もう一度、「Windows 10  Version 1903」のインストールを試みた。

 

 何と!インストールが上手く行った。

 

 名前を出すのが適当かどうかわからないが、その、インストールの邪魔をしていた「アンチウイルスソフト」は、「AVAST(アバスト)」という。

 

 爺さん所有のPCは4台。

 問題の起きた、HP製デスクトップ、Panasonic製ノートPC、東芝製ノートPC、レノボ製ノートPC、。

 HP製デスクトップPC以外は、問題も発生せず、「Windows 10  Version 1903」のインストールは難なく完了している。「アンチウイルスソフト」は、4台とも同じ。

 

 一概に、「アンチウイルスソフト」がダメと言うことになならないだろうが・・・。

 

 要は、「組み合わせ」、PC本体との「相性」「整合性」なのだろう。

 

 そんな顛末だった。

 

 また一つ「勉強」をした。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。