爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「歩道」は誰のもの?

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をご覧頂き有難うございます。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 病気して、入院して、手術して、暑い夏を涼しい病室で過ごして、残暑もそろそろ終わりかな・・・と思って退院したらとんでもなく暑くて・・・。

 今年の夏は散々の爺さんですが、主治医から「リハビリ(歩行運動)は毎日欠かさないように・・・」とのご指示を受けて、毎日暑い中を頑張っております。

 

 今日は少しだけ「涼しかった」。

 

 毎日、涼しい時間帯を狙って「歩行リハビリ」に精を出す爺さんに、一つの疑問が湧いて来ました。

 

 改めて、「歩道」は、誰の為に、何の為に・・・と感じる事となった。

 

 自転車の「歩道走行」のお許しが出て久しいが、その時にも物議を醸したが、やっぱり「危ない」ね。

 

 皆さんは、然程広くない歩道を歩いていて「自転車」が走行(対向)してきたらどうします? 危ないから歩道の端の方に避けますか? そのまま平然と衝突を覚悟して歩き続けますか?

 

 最近の「電動アシスト付き自転車」は、クルマと同じくらいのかなりのスピードで走っていますよね。堂々と、歩道の真ん中を。

 

 加えて、対向するときも、追い越す時も、「チリンチリン」とベルで威嚇しますよね。

 

 これ可笑しくありませんか?

 

 「歩道」って、「歩行者」のものですよね。

 

 「歩行者」が「歩道」を歩いていて、何で?「自転車」を避けて通してあげなくてはいけないのでしょう?

 

 歩道は、「自転車優先」ではありません。「歩行者優先」だと思います。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。