爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

悪者は誰だ?

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をご覧頂き有難うございます。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 弁護士・郷原信郎氏 のブログ。

 

 勿論、「日産」の事。

 

 少し長いのですが、読んでいただくと、郷原先生の言いたいことが分かるのですが・・・。

 ここに来て、株価に連動した報酬額決定方式の問題で、「ゴーンさん」を、無理矢理検察を使って退陣させ、意気揚々と日々を過ごしていた「西川さん」が、日産の最高責任者をクビになりました。

 

 「西川さん」は、その、株価連動報酬額決定方式によって、株が上がるの待って、数千万円を余計に受け取りました。「ゴーンさん」の、350億円とか言う金額(日産は、受けた損害額とか言っていますが)は、まだ、殆ど貰っていない金額。

 

 既に貰ってしまった金額は「返せばいいんでしょ!」と威張っている「西川さん」と、これから貰うはずだった「ゴーンさん」と、どちらが悪党でしょうか?

 

 と言うようなことを、郷原先生が書いておられるのだが、きっと、読んではいただけないでしょうね。

blogos.com

 

 昨日の記事と同様に、この郷原先生の記事に対する読者のコメントを載せておきます。これだけでも一読の価値はありますよ。

元々日産はゴーンに救われた会社ですからね。
業績が悪かったわけでもないのに未受領の報酬で検察に売るという暴挙。
特別背任と言われるものも実際に損害が発生していなからったり、逆に日産の業績になってるようなものばかり。
350億円の損害も実損ではなくて見込み。
しかも、それが本当に不正なのかどうか、日産の業績のためにならないものなのかどうか。
裁判で明らかになるでしょうが、民事裁判には司法取引はありませんから、共犯という疑われる人の名前も挙がってくるでしょう。
実損がないのに損害賠償請求できるともおもえませんが、そもそも日産を経営破綻寸前から救ったのはゴーン氏その人であり、そのゴーン氏に日産が損害賠償席級するのは笑い話にしか聞こえません。
逆に恩を仇で返した日産に損害賠償請求するのはゴーン氏の方でしょう。
現在の日産の惨状はゴーン氏のせいではありません。
ゴーン氏を検察に売り経営トップから外した結果がこれです。
つまり、ゴーン氏がトップだったから日産の業績はよかっただけで、ゴーン氏がトップから外れたらこの体たらくというだけです。
日産の現状の責任は誰がどう見てもトップの西川氏にあるのは明らかでしょう。
ゴーン裁判が終わったときにはたして日産という会社は存在しているのでしょうか。

 

  病気を患ったこともあってか、最近、爺さんは、しぶとくなってきました。この件を追い続けます。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。