爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「クルマ」やめました。

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をご覧頂き有難うございます。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 もう、とっくの昔に「裁判」が始まっていて、そろそろ「結審」かと思っていたら、「逮捕」もされていないそうで・・・。

 何回か、念入りに「現場検証」していませんでしたか?

 何はどうあれ、人の命を奪った事故です。何か特別な理由でもあって、「逮捕」に至らないとするならば、その、特別な理由を国民の前に明らかにすることが「検察」の仕事でしょう。

 只々、月日が、人々の心の中を変えてくれる(忘れる)のを待っているように見えてならない。

headlines.yahoo.co.jp

 東京電力元経営陣に対する原発事故の責任追及も、訳の分からない理由を付けて「無罪」。

 

 この国、「善悪」の判断ができなくなってきたようだ。恐ろしいことです。

 

 

 「クルマ」を捨ててから約2か月。負け惜しみではないが、無ければ無いで何とかなるものだ。

 

 只、生活の時間軸が微妙に変わる。

 

 思い立ったら、直ぐ、「クルマ」で・・・という生活から、電車・バス・徒歩の組み合わせで動く生活が基本となる。

 

 郊外型のショッピングセンターへは、ほぼ、行けなくなる。電車・バス・徒歩の組み合わせで、行けなくはないが、時間がかかる。

 

 幸い、我が家直近の駅には、ショッピングセンター(食品・日用雑貨など)が併設しているので、困ることは殆ど無い。

 

 それぞれ、自分の置かれた環境で生活していく「要領」を見つければ良いだけの事。

 

 但し、田舎の爺さんの生家で「クルマ」無しで暮らせるかと言うと、無理!

 

 難しい問題ですね。

 

 因みに、爺さんは、運転免許証を返納しました。晴れて「無免許生活」に突入しました。14年落ちの愛車もディーラーに引き取ってもらいました。価格はいくらだったか分かりますか? 30年以上の長~いお付き合いだったので、多少、色を付けてもらって3万円でした。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。