爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「秋の日は釣瓶落とし」。

 

 「秋の日は釣瓶落とし」と言いますが、日が暮れるのが早くなってきましたね。

 「釣瓶」って知っていますか?、「鶴瓶」ではありません。

 

 「釣瓶」とは、

  縄または竿の先につけて、井戸水をくみ上げるのに使う桶。つるべおけ。

  時代劇(映画、ドラマ)などを見ていると、たまに、出てくると思います。

 

 「井戸端会議」という言葉も、関連性があるかも知れません。もっとも、最近は「井戸」そのものがないから、会議ができませんが・・・。

 

 若い方には、全く、何のことかわからない事を、長々と書きました。

 分からないところはWEBで調べて下さい。

 

 爺さんの生家にも、最近まで「釣瓶」がありました。勿論、飲める水が出る「井戸」もありました。

 
 今年も、もう、残り2カ月ほど。月日の経つのは早いものです。

 

 

 今日は、庭木の剪定と伐採を、ネットで見つけた植木屋さんに依頼した。

 

 毎年、春と秋に、庭木の剪定を、自己流で、爺さんがやっていたのだが、今夏に体調を崩してから、そういう作業は当分慎むようにと主治医からきつく言われていて、業者さんに依頼することにした。

 

 業者さんにも色々あって、費用も千差万別で、いろいろ検討しましたが、やはり地元の業者さんが良かろう・・・と言う事で、先日、現況確認と見積もりを依頼した業者さんが見えた。

 とても気さくな業者さんで、色々と話し込んでしまったが、まあ、妥当と思われる金額で見積もって頂き、作業も、今週金曜日(11/1)と決めた。

 

 爺さんも、庭木の管理は好きな方なので、体調を崩す前は、ちょこちょこと手入れをしていたのだが、一応、体調回復の途中であっても、今後、どこまで回復できるか疑問符も付きそうなので、「ゴールドクレスト(コニファー)」の生垣も、「フェンス」に変える事にして、剪定をお願いした植木屋さんに話して、費用の概算を出してもらった。

 まあ、妥当と思われる概算額だった。多分、お願いすることになると思う。

 

 しかし、自分の家の庭や生垣を、自分で管理できなくなるのが、こんなに早く来るとは夢にも思わなかった。ちょっぴり残念!。

 

 仕方ないけどね。

 

 

f:id:tomy2292:20191028214322j:plain

f:id:tomy2292:20191028214351j:plain

f:id:tomy2292:20191028214423j:plain


 撮影地:横浜市泉区(2019/10/28)by PENTAX K-5 with TAMRON AF 70-300mm 1:4-5.6 TELEMACRO 1:2 LD Di 

 

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。