爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

同じ穴の狢(おなじあなのムジナ)。

 

 「知らぬ存ぜぬ」で「ウソ」をつきまくる自民党議員よりは、少しは「マシ」かと思っていたが、残念なことに「同じ穴の狢」でした。

 「責任感」というものが欠如している。

 「悪い事をした」という判断ができないのだ。

 「後援会と相談して・・・」とは、自分じゃ決められないと言うだけでなく、善悪の「自覚」すら持ち合わせていないということ。

 「後援会の皆さん」も大変ですね、こんな人を推しているようでは・・・。即刻解散して、もっとマシな人を担いだ方が「得する」と思います。

blogos.com

 この記事に対する、一般の方のコメント。

選挙権のない外国企業からの献金がリベート以外でないと思う者はいないでしょう。国を売る所業の議委員であるから、弾劾ものだ。議員辞職では甘い刑事告発されるべき事案。

 これくらいの事を、「大新聞」が書いてほしいものだ。

 検察(特捜)も、早く起訴しましょう。今度は「国外に逃亡」しないように厳重に監視してほしい。(マジで!)

 

 明日は「ゴーンさん」の記者会見があるそうで。何を話すのでしょう?

 どなたか?、かなり上級の方のお名前が語られるように予測する報道もあります。

 何処かの「忖度マスコミ」が、「ゴーンさん」が、明日にも潰れそうな「日産」を立て直した時に、何万人もの従業員をリストラした・・・と非難(批判)する記事を書いていたが、それじゃあ、「日立」はどうしたの?「松下(パナソニック)」はどうしたの?「シャープ」はどうしたの?「三菱」はどうしたの? 「日本電気NEC)」はどうしたの?・・・と、並み居る日本の大企業の殆どは、同じような手法で会社を存続させている。大企業に限らず、落ち目になった会社を立て直す一番確実で成果が出やすい手法は「リストラ」だ。

 「赤字国債」を発行して辻褄だけ合わせて、国を窮地に追い込む何処かの政府とはわけが違う。

 善悪の判断ができないマスコミは消えろ!

 

 こんな記事を見つけました。

 とても興味深い記事です。

lite-ra.com

 

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。