爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「良し悪し」の判断は・・・。

 

  「大寒」もまだですが・・・。勿論、「立春」もまだ遠いですが・・・。

 今日は、ポカポカお天気でした。「暖冬」ですね。

 でも、どこのTVのお天気情報を見ても、「成人式」の頃は、関東地方でも「雪」かも?と予報している。

 まあ、降ったところで、雪国生まれで雪国育ちの爺さんには、何てことないですが、そうでもない方も大勢おられますので、例によって「大混乱(珍情景続出)」になるかもしれませんね。

 

 そう言えば、我が故郷でも、何とか「滑走可能」なスキー場が6割くらいしかなく、あとの4割は「開店休業」状態とか。

 

 やはり「暖冬」のようですね。

 

 

 「ゴーンさん」が会見を開きました。

 日本のメディア(マスコミ)で、会見場に入れてもらえたのは、「朝日新聞」「テレビ東京」「小学館週刊ポスト)」だけだったそうで、各局の「ワイドショー」は、「恨み節」に近い報じ方をしていたようです。(情けないね、もっと冷静な対応が必要だろう。)

 

 同じことを、また、書きますが、日本側の「検察」とか「裁判所」とか「政府」とかに「一つ」欠けているものがあると爺さんは考えます。

 それぞれに「声明」や「談話」を出していますが、ことの次第は兎も角、「逃げられた」のは、誰もが認めざるを得ない事実。

 これに対する「謝罪」が見当たらない。「逃がした」訳ではなく「逃げられた」のです。

 この事実に対する普通の感覚でものを言えば「何やってんの!」でしょう。

 

 誰も「身内」の不手際を「責めない」悪しき伝統が、この国には根付いている。これを変えていかないと、「一流の国」にはなれない。

 

 どこかのTVのワイドショーで、ゲストの解説者がこんなことを言っていた。

 『ゴーンさんを良く言うつもりはないが、ゴーンさんの他に誰が「日産の再生」を成し得ただろうか・・・』と。

 別のゲストの解説者が、「ゴーンさん」が行った「工場閉鎖や大量リストラ」について批判したのに対して。

 

 物事の「良し悪し」を、冷静に判断できる人間になりたいと、爺さんは考える。

 

 レバノンと日本の関係は、こんな事態に発展。

www.jiji.com

 レバノン検察は日本当局にゴーン被告の捜査資料を提供するよう要請。出国禁止は資料の受け取りまで続くという。

 日本側は、「捜査資料」なんか出せないでしょう、恥ずかしくて・・・。(何で「恥ずかしい」かは、判断に任せます。)

 

 

 久しぶりの「写真」です。「写真撮り」に行かないで、家で「ぬくぬく」していたわけではありません。

 

 相変わらずの「富士山」です。

f:id:tomy2292:20200109224050j:plain

 

 これも「富士山」です。上の「本物」とよ~く比べてみて下さい。「冠雪の具合」などを・・・。

f:id:tomy2292:20200109224118j:plain

 

 散歩していると「匂い」が漂ってきます。「白色」が、少し飛んでしまいました。未熟者の爺さんです。

f:id:tomy2292:20200109224145j:plain

 

 やはり「暖冬」のようです。いつもなら、月末ころに花をつけるのですが、早くも・・・。(「造花」ではありません、「本物」です。)

f:id:tomy2292:20200109224210j:plain


 撮影地:横浜市泉区(2020/01/09)by PENTAX K-5Ⅱs with TAMRON AF 70-300mm 1:4-5.6 TELE(MACRO) 1:2 LD Di



 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。