爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「スカッとするお話」。

 

 この記事にある「漫画」を読んでみて下さい。爺さんが、いつも記事のネタにしている「時事ネタ、政治ネタ」ではありません。

 是非!!!読んでみて下さい。

 

www.msn.com

 

 この事例にかかわらず、「席取り」の場面で遭遇した経験をお持ちの方は多いと思います。

 「スカッとするお話」と、記事を書いた方は書き加えています。

 

 

 

 いつもの「政治ネタ」いきます。決して「スカッとする」話ではありません。

 

lite-ra.com

 

 「オリンピック・パラリンピック」と「憲法改正」とどんな関連があるのでしょう? 「五輪憲章」に「オリンピック・パラリンピック」の政治的利用は許さないと書いてある筈です。「アンダーコントロール安倍」は、こんな基本的な事も知らず、オリンピック!オリンピック!と騒いでいます。

 

「オリンピック・パラリンピックが開催される本年、我が国は、積極的平和主義の旗の下、戦後外交を総決算し、新しい時代の日本外交を確立する。その正念場となる一年であります」
社会保障をはじめ、国のかたちに関わる大改革を進めていく。令和の新しい時代が始まり、オリンピック・パラリンピックを控え、未来への躍動感にあふれた今こそ、実行の時です。先送りでは、次の世代への責任を果たすことはできません。国のかたちを語るもの。それは憲法です。未来に向かってどのような国を目指すのか。その案を示すのは、私たち国会議員の責任ではないでしょうか。新たな時代を迎えた今こそ、未来を見つめ、歴史的な使命を果たすため、憲法審査会の場で、共に、その責任を果たしていこうではありませんか」(施政方針演説)

 

 50年前の「東京オリンピック」で、聖火リレー最終ランナーを務めた坂井さんは複数のマスコミに、当時を振り返ってこう語っている。

 

「平和の祭典などという美しい言葉は捨てた方がいい。五輪はアマチュアの祭典でも平和の祭典でもなくなった。金もうけのための祭典じゃないか」
「アマチュアリズムの理念に立っていた五輪そのものもプロ参入による商業主義が幅を利かせ、金もうけの道具になっています」
「お金や政治に振り回される負の面も見た。純粋な平和の祭典は東京が最後だったかもしれない」

 

 「安倍」が得意げに語る「復興五輪」という言葉。「3兆円」とも言われる税金をつぎ込んだ「金儲け大会」。「3兆円」を「復興」に振り向けたら、今、そして近い未来、「東北」はどんな「復興」を成し遂げていただろうか?成し遂げるだろうか? メダルの数なんかどうでも良い!!!

 

 

 「紅」「白」合わせて咲き出した「梅」を撮ってみましたが、「うめぇ~具合」には撮れませんでた。

 

f:id:tomy2292:20200122215055j:plain

f:id:tomy2292:20200122215130j:plain

f:id:tomy2292:20200122215212j:plain

f:id:tomy2292:20200122215238j:plain

f:id:tomy2292:20200122215307j:plain


 撮影地:横浜市泉区(2020/01/22)by PENTAX K-3 with SIGMA 18-300mm 1:3.5-6.3 DC

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。