爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「聖火」が町内を走ったところで、何も変わらない・・・。

 

  「聖火」が町内を走ったところで、何も変わらない・・・。

「聖火が町内を走ったところで何ら変わる事は無いのです。町の存在が改めて国内外に発信されるのは良い事だけれど、復興の象徴のようにされるのは違うと思います。だとしたら結局、話題づくりですよね。被災者が原発事故前の生活を回復出来ているかと言えば、全く回復出来ていないんですから」

 これが現実。

blogos.com

「復興五輪という言葉そのものが、実態を反映していない形骸化された言葉ですよね。聖火リレーが走る陰で、私たちは失われた我が家を片付ける作業を黙々としているわけです。華々しい聖火リレーの影で、いまだ復興していない被災者の心が全然取り上げられていないという事はぜひ声を大にして言いたいです」

 「安倍」は、少し前まで、『多く訪れる外国の方々に、ここまで復興を成し遂げたというところを、見て、感じてもらおうではありませんか・・・』と、どこかの演説で雄弁していましたが。

 情けない現実です。

 多くの方々は、「オリンピック・パラリンピック」どころではないのです。

 この現実を見てもらいましょう! いや、見せられないでしょう!

 

 今日の夕方6時40分から、全国の民放114局が揃って「大騒ぎ番組」をやると言う。

 いい加減にしてほしい!!!

 「戦前回帰」です。恐ろしい国になってきました。

 

 これに賭ける「時間」と「お金」と「労力」を『復興』に使いましょう!!!

 

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。