爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「危機感」を持たせるには・・・。

 「@niftyニュース」の記事ですが、元は、「文春オンライン」の記事です。

 また一つ「外堀」が埋まりました。

 今度は、何と言い訳するでしょう?

news.nifty.com

 森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)。その直属の上司だった池田靖・同統括国有財産管理官(当時)が、森友学園への国有地の大幅値引き売却について、これまでの財務省の説明と異なる、新たな証言をしていたことが判明した。

 昨年3月、赤木俊夫さんの一周忌の直後に池田氏が赤木さん宅を訪れた際、俊夫さんの妻・昌子さん(仮名)に国有地売却の詳細を打ち明けていた。今回、大阪日日新聞記者・相澤冬樹氏が昌子さんから詳細な記録の提供を受け、新たな重要証言を把握した。

 森友学園は2016年、評価額約9億5600万円の国有地を、約1億3400万円で購入。3メートル以深の地中から新たにごみが見つかったため、その撤去費用などとして約8億2000万円を値引きした、とこれまで財務省は説明してきた。だが、池田氏は昌子さんに対し、「どれだけ費用がかかって、どれだけ売却価格から引かなければならないかということを、自分たちは最後まで調べようと努力したが、(国交省の)大阪航空局(問題の土地の管理者)は動かなかった」「この8億の算出に問題があるわけなんです。確実に撤去する費用が8億になるという確信というか、確証が取れていない」などと明かした。

 自分の保身のためには、自分の地位を最大限利用して逃げ回る「安倍」。

 段々と、周りの雰囲気が変わりつつあることに危機感を感じて、更に、悪態をさらす。

 いずれ、火の粉は本丸を焼き始める。

 その時まで、権力の座に居座ることができればよいが・・・。

 

 広島の方でも、火の手が上がったようです。広島地検の目指すところは、連座制適用で失職しそうな議員ではないと言い切る論者が居る。

 では、本命は誰なのだろう? 普通の議員:1,500万円、火の手が上がった議員:1.5憶円。これが「キーワード」。

 

 連日、TVのニュースに中継される「〇〇会議」の様子に違和感が一つ。いや二つ。

 その1、あの狭い空間に、肩が触れ合いそうになる並び方で、大勢集まって、話し合って良いのだろうか?「控える・・・」ではなかったのか?

 その2、その「〇〇会議」に出席している閣僚や官僚たちが、殆どマスクを着けていない。活発な議論を展開するのだろうから、危険極まりないのでは・・・。

 

 この状況を見て、普通の国民(爺さんのような)は、どんな感じにとらえるだろうか?

 ある意味、国民に危機感を植え付ける必要がある時に、この不用意な状況をみせられては、国民は「危機感」を持たない(持てない)。

 平日の「上野公園」に「桜見物」に来る大勢の人たちを非難できない。

 平日の「原宿の竹下通り」の大混雑を、どう説明するのか?

 

 

  田舎の兄から電話があった。

 「また、買占めが始まったようだが、どうだ?」と。

 「今日、スーパーに行ったら、「米」と「カップ麺」と「納豆」が無くなっていた」と返した。

 「マスクは?」と聞かれたので、「買えない」と返した。

 兄からは、「こっちは、まだ、それほどでもないので、今度の売り出し日に買って送るよ」と。

 新潟市郊外では、薬局(ドラッグストア)が、予め、売り出し日を告知するという。

 我が横浜市では、売り出し日すら分からず、毎日、お店の前に開店時間に合わせて行列ができる。

  同じ日本の風景だ。

 

f:id:tomy2292:20200326220233j:plain

f:id:tomy2292:20200326220258j:plain

 

 撮影地:横浜市泉区(2020/03/26)by PENTAX K-5


 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。

 メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。