爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

国民の「心」を掴むには・・・?

 こんな事では、国民の「心」は掴めません。

 官僚のの考えることは、あくまでも、「官僚思考」がベースです。

 それに、成す術もなく、簡単に乗せられてしまう首相も、また、「官僚思考」が染みついてしまっている。

 「庶民」はこんなもんだ・・・という「見下げた思考」が。

 

 お坊ちゃんは、何処まで行ってもお坊ちゃんだ。

 一般庶民の「全て」がわからない。かと言って、「分かる努力」もしない。

 一般のお坊ちゃんはそれでも良い、ただ、一国の頂点に立つ身分となったら、それは困る。

 そこで問題になるのは、我が国の総理大臣の“パフォーマンス”である。

 創造性や敬意、人間としての品位、想像力が備わっていたと言えるだろうか?

webronza.asahi.com

 さて、そこで問題になるのは、我が国の総理大臣の“パフォーマンス”である。そこに、上記のような創造性や敬意、人間としての品位、想像力が備わっていたと言えるだろうか?

 彼の“表現”について、多くの酷評が寄せられていることは多くの人々が知るところである。だから蒸し返しても意味はないが、しかしそれでも改めて問題視すべきは次の4点である。

1:官僚から出たアイデアらしいが、そこに疑問を感じることなくOKしてしまった、人としての“薄さ”

2:あんなもので国民が納得するだろうと考えた底の“浅さ”

3:コラボレーションでもなんでもない、単なる“盗用”であること(を理解できない“考えてなさ”)

4:星野源に対する“誠意のなさ”

 1に関しては、お坊ちゃん体質丸出しとしか言えない。いかにも幼いころから周囲にがっちりガードされ、敷かれたレールの上を「なにも考えずに」進んできた人間らしいペラペラ感である。しかも2には、国民をなめ切った首相と自民党の思いがはっきりと表れている。
 クリエイティブ面について言えば、気になるのは3と4だ。まず、どう考えてもこれはアーティスト側が求めている“コラボレーション”ではない。コラボレーションとは「共同作業」という意味であり、これまで賛同してきた数々のアーティストやミュージシャンはそれを形にしている。

 しかし、お茶を飲んだり犬を抱いたりすることがコラボレーションにあたらないことは、誰の目にも明らか。「星野源って人気があるらしいから、“コラボ“すれば受けんじゃね?」というような、きわめてチャラい、浅はかすぎる行為でしかない。

 しかもそれは、人の心に寄り添ったアイデアを思いつき、形にした星野源への冒涜であるとすら言えるのではないか? 先に触れた「そこにいる人が作品になる」インスタレーションの会場で、誰も欲しがらない自分のイメージ写真集を叩き売りするような無神経さである。

 いずれにしてもこの有事にあって、この国の首相がとてつもなくダサく、恥ずかしく、みっともないことをやらかしたことは絶対的な事実だ。我々は国民として、こういうリーダーを持ってしまったことを明確に恥じるべきだ。だからこそ、このことを「単なるエピソード」として消費してはいけない。

 だとすれば、なにをすべきなのか? 次の選挙で、1票に思いを託すのだ。

 

 さて、「休業補償」の話。

 補正予算の審議が始まる前から、「非難」の嵐に見舞われて、お付きの官僚も「非難」から逃れようと悪態をさらけ出している。

 こういう時こそ、「鶴の一声」で方向転換を図れば「評価」も好転しそうなものだが、それが出ない。出す術を知らない。

 元々、補正予算を組むという時に、野党側から要求されていたことを、そのまま、「はい!そうですか」と取り入れるには「立場がない」と、存在感の薄い「公明党」とかに「演劇」を依頼して、ことを進める。

 しかし、いまだに「やります」とは一言も言っていない。お付きの官僚の悪知恵だ。

 歴史に残る「名将」は、「部下」に優秀な人材を「育てた」という。

 「優秀な人材」とは、自分の言いなりなる者ではない。時に「苦言」を呈する者だ。

 「補佐官」選任を間違えたようだ。

 

 

f:id:tomy2292:20200416082801j:plain

f:id:tomy2292:20200416082831j:plain

f:id:tomy2292:20200416082906j:plain

f:id:tomy2292:20200416082940j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2020/04/12)by PENTAX K-5Ⅱs

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。

 メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。