爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「幽霊会社」と「電通」と「経産省」。

 メインアカウントでも書きましたが、やっと、大騒ぎになってきました。

 しかし、「電通」には、皆さん「及び腰」です。

 「広告」を一手に握られていますから・・・。

 しかし、それを逆手にとって、悪事を繰り返す「電通」は許せない!

 しかも、5月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)もこの問題に切り込み、「サービスデザイン推進協議会」について詳報。経産省が「おもてなし規格認証」事業の公募を開始した2016年5月16日に「サービスデザイン推進協議会」が設立され同制度の認定機関に選定されたこと、さらにこれを主導したのが「経産省に太いパイプがある当時電通社員だったA氏」だったと代理店関係者が証言をおこない、「電通が国の業務を間接的に請け負うための隠れ蓑として設立された、実体のない“幽霊法人”」だと明かしているのだ。

lite-ra.com

 それでなくても「持続化給付金」は早急な支給が必要だと叫ばれながら遅々として進まず、多くの人にとって死活問題となっているのだ。

 それにくわえ、新型コロナを食い物にするかのように、安倍政権に近い大企業である電通経産省の癒着、さらには金が経産省や政治家に還流しているのではないかという疑惑まで出てきたのである。

 このような重大な問題を追及できないのであれば、報道機関を名乗る資格はない。この問題をメディアはどこまで追及するのか。

 その点にも目を光らせる必要があるだろう。

 

 忘れてはいけないことがもう一つ、「幽霊会社」には、あの「パソナ」も加わっていること。「パソナ」と言えば、あの『安倍のお友達の「竹中某」』の会社だということ。

  更に、現在、「菅」に代わって「安倍」を牛耳っている「補佐官」は、経産省出身。

 

 

f:id:tomy2292:20200531163135j:plain

f:id:tomy2292:20200531163201j:plain

f:id:tomy2292:20200531163223j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2020/05/28)by PENTAX K-5Ⅱs


 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。

 メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。