爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「最重要課題」と「決意」。

 全く、誰にも、差し障りのない「文章」(会見ではありません、委員会用の一方的な文章です。)を書かせますね(ご自分では書いていないでしょう?)。

 すべての語句が、近い過去に「聞いたことのある」ものです。

  少なくとも、ここ1年、何にも「動き」はありません。

 自国の問題を、他国の行動に委ねるという事ほど「情けないこと」はありません。

blogos.com

 記事の全文です。勝手に引用しました。

 昨日、衆議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会で、担当大臣として所信を述べました。
 北朝鮮による拉致問題は、我が国の主権及び国民の生命と安全に関わる重大な問題であり、国の責任において、主体的に取り組み、解決を目指すべき課題です。
 日本政府は、全ての拉致被害者の一日も早い帰国を実現すべく、政府の総力を挙げて最大限の努力を続けております。

 しかしながら、北朝鮮に残されている拉致被害者の方の帰国が実現しないまま、長い年月が経ち、拉致被害者の方々、そして御家族の皆様も、御高齢となられ、肉親との再会が叶わぬまま亡くなられた御家族もいらっしゃいます。
 本年二月には有本嘉代子さんが、そして先週、横田滋さんがお亡くなりになられました。
 心よりお悔やみを申し上げ、御冥福をお祈りいたします。
 お二人の御存命中に、御令嬢の恵子さん、めぐみさんを帰国させることができなかったことは、痛恨の極みであり、誠に申し訳なく思います。
 もはや一刻の猶予もないとの思いを胸に改めて刻んで、問題解決に向けてあらゆるチャンスを逃さないとの決意で臨んでまいります。

 これまでの米朝首脳会談において、トランプ大統領拉致問題についての安倍総理の考えを、金正恩委員長に直接伝えたことは大きな成果でした。
 米国との間では、先月行われた日米首脳電話会談など累次の機会において、拉致、核、ミサイルといった諸懸案の解決に向けて、今後も日米で緊密に連携していくことを確認しています。
 我が国としては、引き続き、米国を始めとする関係国と緊密に連携しつつ、あらゆる外交上の機会を捉えて拉致問題を提起していく考えです。
 同時に、我が国自身がこの問題に主体的に取り組むことが重要です。安倍総理自身、累次の機会に於いて、条件を付けずに金正恩委員長と直接向き合う決意を改めて述べています。

 その上で、拉致問題の解決には、日本国民が心を一つにして、全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現への強い意思を示すことが重要です。
 政府としては、拉致問題に関する啓発活動にも力を入れて取り組んでおります。
 特に、これまで拉致問題について触れる機会の少なかった若い世代への啓発が重要な課題となっており、教員等を対象にした研修や中学生・高校生を対象とした作文コンクールを実施しています。
 さらに、全国各地で映画やアニメ等の上映会、集会、舞台芸術を開催しております。引き続き、様々な広報・啓発活動に取り組んでまいります。

 これらの啓発活動と並行して、拉致被害者北朝鮮の人々に対して、政府として、北朝鮮向けラジオ放送を実施するとともに、民間団体に業務委託し、その運営する北朝鮮向けラジオ放送の中で、政府メッセージを送信しております。
 今後とも、拉致被害者への激励や北朝鮮の人々に向けた情報発信の一層の拡充・強化を図り、あらゆる事態への対応に万全を期してまいります。

 拉致問題は、安倍内閣の最重要課題であり、安倍総理も、私も、「安倍内閣拉致問題を解決する」との決意は今も全く変わりはありません。
 肉親の帰国を強く求める御家族の切実な思い、積年の思いを胸に、認定の有無にかかわらず、全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向け、あらゆるチャンスを逃すことなく、全力で行動してまいります。

 

拉致問題は、安倍内閣の最重要課題であり、安倍総理も、私も、安倍内閣拉致問題を解決する」との決意は今も全く変わりはありません。

 先日の「安倍」は、「最重要課題」という言葉を使用しませんでした。 

 安倍内閣も、もう、風前の灯になって来ました。

  「決意」という言葉、使いすぎると、自分自身の墓穴を自分で掘っていることになります。

 「全力で行動・・・」も聞き飽きました。

 毎日毎日「全力で行動」していたら、普通の人なら、とっくの昔に「倒れて」います。

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。

 メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。