爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

変えよう!

 通常国会が17日、閉会した。

 野党は新型コロナウイルスの感染拡大に備える必要性などを訴え、会期を12月28日までの194日間延長することを求めたが、政府・与党は応じなかった。

 この時期になると毎年、風物詩のように出てくる報道がある。

 「野党は内閣不信任決議案を出すのか」。

 そして、決議案を出しても出さなくても、その後に必ず「野党はだらしない」と冷笑する(批判ですらない)続報が出るところまでがお決まりだ。

 そんな紋切り型の野党批判はもう、今国会限りで脱却したい。(ジャーナリスト=尾中香尚里) 

this.kiji.is

 ▽結果残した野党

  記事をお読みください。

 ▽閣議決定後、異例の予算案組み替え

  記事をお読みください。

 ▽生かされた震災の経験

  記事をお読みください。

 ▽政権監視にも成果

  記事をお読みください。

 ▽野党がアウェーで成果を上げた理由

  記事をお読みください。

 ▽政治を改革する道

  以下に、

 新型コロナウイルスは全世界を等しく襲った。

 世界各国の首脳が同じ問題に対処を迫られた。

 台湾の蔡英文総統、ドイツのメルケル首相など、他国の首脳の対応を安倍政権と比較することも容易になった。

 「この道しかない」が崩れたのだ。

 7年半にわたる長期政権のもと、本来独立の立場で政権を監視すべき多くの機関からその機能が失われている今、もはや国民自身が政治に関心を持ち、批判的な視点で批評し、改善に向け自ら声を発するしか、政治を改革する道はない。

 野党はそのために、国民によって使い倒されるべき存在である。

 今国会でのささやかな「成功体験」が定着し、社会全体で政権への監視機能が取り戻されることを、筆者は心から願ってやまない。 

  マスコミ(メディア)も変わってほしいが、変えるのは、「我々」だろう。

 

 

f:id:tomy2292:20200619230933j:plain

f:id:tomy2292:20200619231000j:plain

f:id:tomy2292:20200619231025j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2020/06/17)by PENTAX K-5Ⅱs



 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。

 メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。