爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「怖くて、話せなかった・・・」。

 やっと「真相」の一端が明らかに・・・。

blogos.com

 「河野防衛大臣の前任者やその補佐官たちは「知っていて」も怖くて話せなかった・・・」ことが明らかに。

 まあ、一番の原因は、「トランプに反論一つできない安倍」なのだが・・・。

 こういう関係は、「友達でも何でもありません」。

 「親しい友達」だったら、言いたいことを言い合える仲の筈。

 すでに契約済の1800億円とかいう我々が納めた税金は、な~んにもしないでアメリカに渡すのでしょうね。もったいない!!!

 言い方を変えれば、アメリカは労せず1800億円を得た。経済援助のようなものだ。

 陸上イージスの研究開発は、日本の為にやっているわけではない。自国の防衛政策の一環としてやっている。

 日本は、その、おこぼれを分けていただくために大騒ぎして予算もつけて・・・。

 もったいないお話です。

 

 そんなお金があったら、給付金にでも上乗せしろ! 

 

 しかし、こちらはそうも言っていられないようで、「応援」と称して、選挙を取り仕切った「安倍の秘書たち」にも捜査の手が回っているようで・・・。

lite-ra.com

 こういう「ウソ」を平然とつくところが、いかにも「安倍」らしくて、思わず笑ってしまう。

 さらに、1億5000万円の使途について、河井夫妻が代表の政党支部が今年5月までに広島県選挙管理委員会に提出した政党交付金使途等報告書政治資金収支報告書に記載していなかったことも判明。

 報道によると、河井夫妻側は「家宅捜索で領収書を押収されたことが理由」で使途を記載しなかったと説明しているという(東京新聞20日付)。

 当の河井夫妻が捜査で領収書を押収されたことを理由に使途を報告できなかったと主張しているというのに、自民党はどうやって「事後的にちゃんとチェック」したのか。

 こうした説明の食い違い、矛盾が露呈すると、23日になって、なんと二階幹事長はこれまでの説明を平然と覆したのだ。

〈二階氏は、夫妻の関係先が家宅捜索され、関係書類が検察当局に押収される中でどうやって党支部の支出を確認したのかを問われると、「党として支出した先がどうなったか細かく追及しておらず、承知していない」と話した。〉(中国新聞デジタル23日付)

 二階幹事長はもちろん、安倍首相も前述したように「公認会計士を入れて、きっちりと使い道を限定して、どういうことに使ったかということを事後的にちゃんとチェックしている」と述べていたというのに、矛盾が露呈すると、「細かく追及していない」と言い出したのだ。

 

 これは自民党自身が安倍首相の説明が嘘だったと認めたようなものだが、またも安倍首相は嘘を国民についていたのである。

 そして、こんなすぐにバレるような嘘をついたのは、この事件と自分の接点をなんとしても覆い隠そうとした結果だろう。

 本サイトでは既報でお伝えしたように、検察はこの安倍首相の関与についても捜査で踏み込もうとしている。

 18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)も〈司直のメスは安倍首相周辺にまで向かおうとしている〉とし、捜査関係者がこう述べている。

 「河井夫妻の捜査で、いま検察が重大関心を寄せているのが、安倍秘書軍団の動き。

 彼らがどこをどのように回ったのか、入念に調べているのです。

 安倍秘書軍団に関する調書も作っています」

 果たして、捜査は安倍首相の足元まで及ぶことになるのか。

 ともかく、平気で国民に嘘をついて追及から逃れようとする安倍首相の姑息な態度に対して、もっと批判・検証が必要であることは言うまでもない。 

 

 こういう問題が出てくると、ピンチヒッターとして登場するのが、大した収穫も望めない「外交」だ。

 でも、全世界で、今、一番の関心事は「コロナ」。「安倍」ではない。

 

 「万策尽きた」とは、正しく、最近の「安倍」。

 「安倍信者」の皆さん!、冗談でも嫌味でもなくてホントに、支持者の再検討の時期かと思う。

 

 「新型コロナ」の治療に尽力した医療関係者を排除するような雰囲気が世のはびこっていますが、「安倍信者」を排除するような雰囲気が蔓延しそうなムードです。

 「自民党内」からも・・・・。「逃げるが勝ち」とか言いますが・・・。

 

 

f:id:tomy2292:20200626085721j:plain

f:id:tomy2292:20200626085745j:plain

f:id:tomy2292:20200626085819j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2020/06/23)by PENTAX K-5Ⅱs

 


 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。

 メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。