爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「STOP!感染」と言われたら・・・。

 「経産省」出身の「補佐官」が考え付いたという「Go Toキャンペーン」。

 多額の税金使って、国民の心の中に手を入れて、半ば強制的に「旅行」に行かせる この施策。

 こんな事されなくても、行きたい人は行くよ! とか、

 このご時世に、「ウイルス持って」彼方此方騒いで、どうすんの? とか、

 来てほしい人は、首都圏や大都市圏に住む人ではなく、同じような「感染状況」の地域にお住まいの方・・・ など。

 「補佐官」達が考えていることとは随分乖離している。

news.livedoor.com

 爺さんのメインブログで書きましたが、爺さんは、生家の「墓参り」に行くことに、田舎に住む兄から「待った」がかかりました。

 首都圏に住む、高校の同級生の友人数人に聞いたところでは、「首都圏ナンバーの車で来るな・・・」とか、「来るなら夜間に・・・」とか、「用事がすんだら何処にも寄らず速やかに帰れ・・・」とか。

 

 今のところ、「感染者」も居なくて「平穏」に暮らしている地域で、「感染者」が出たら、行政は、根掘り葉掘り調べます。

 必ず、あのお宅の親戚の方が・・・と突き止められます。

 突き止められた「あのお宅」の人々は、「行き場」「居場所」が無くなります。「感染源」であるかどうかに関係なく・・・。

 

 まあ、実情はこんなもんです。(但し、首都圏に住む者に言えることで、その他の地域の事はわかりません。)

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。

 メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)