爺さんのつぶやき

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

また一つ・・・。

 今日の記事は、「メインアカウント」と「サブアカウント」と、全く同じ内容です。

 どちらかをお読みいただければ結構です。

 悪しからず!

 

f:id:tomy2292:20200726091641j:plain

f:id:tomy2292:20200726091706j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2020/07/22)by PENTAX K-5Ⅱs
 

 

 なかなか「梅雨明け」となりませんね。

 あと数日で8月です。

 当地は、あと1週間程度(それ以上かも?)曇りや雨の日が続くようです。

 最新の人工衛星気象衛星)を使い、超高性能のコンピュータを駆使しても、「天気予報」はこの程度。

 まさか?「軍事機密事項」として「天気予報」が管理されている・・・なんてことはないでしょうが・・・。

 この、まさか?は、 ずいぶん昔は、まさか?ではなくて、本当の話だったという。

 その時代を生きた人間ではないので分かりませんが、書物を読むと、そんなことが書いてあります。

 正確な天気予報を発表すると、爆撃実行(作戦実行)の判断材料にされてしまう・・・とか。

 

 その頃から、随分、時は流れました。

 

 人口衛星が高性能カメラを搭載して、幾つも幾つも地球上空を飛び回っていますので、何処かの国のミサイル基地が・・・とニュース番組で流れるほどに、丸見えの状況です。

 隠せるものではなくなっています。

 

 しかし、「文書」は違います。

 「安倍」が多用する「文書改ざん」なんかいい例ですね。

 不都合な「事実」は、平気で改ざん(書き直し)し、場合によってはシュレッダーにかけてしまいますね。

 

 でも、何処かに残っているものです。

 

 「人」には、心のどこかに「良心」が宿っています。いくら「安倍」に従順な官僚達にも、心の片隅に・・・。

 その「良心」が、「残す」行動を起こさせます。

 それが、思いもよらず「発掘」されることがあります。

 

 

 爺さんの「こだわり」が、また一つ、新しい展開を見せました。

日航123便墜落 圧力隔壁説をくつがえす

日航123便墜落 圧力隔壁説をくつがえす

  • 作者:青山透子
  • 発売日: 2020/07/21
  • メディア: 単行本
 

  「日航123便墜落事故」って何ですか?と言われる程、時間だけ見ると昔のことになってしまいましたが、「謎」だらけの出来事です。

 上に掲げた書籍は、つい先日刊行されたばかりの書籍です。

 ほとんどすべてが有耶無耶のまま「放置」されている事件(事故)です。

 「事件」と書いたのは、「単なる航空機事故」では済まされない「事実」が今になって掘り起こされているからです。

 

 また一つ、今まで語られることのなかった「事実」が明らかになっています。

 また一つ「発掘」されたようです。

 

 今日明日中にアマゾンから届くはずです。

 

 書かれている内容につきましては、爺さんが読んでみて・・・。

 

 

 「爺さんのつぶやき- tomy2292.hatenablog.com」をお読み頂き有り難うございました。

 メインアカウントの「福祉ボランティアの日々 - http://tomy2291.hatenablog.jp でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

サブアカウントメインアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。